レンズフィルターの役割と種類

レンズフィルターとはカメラレンズの先端につけるアクセサリーです。

大切なレンズを保護する目的の他に、撮影する写真に対して効果を発揮するものもあります。

実は後者に関してはプロが常用するほどにポピュラーな製品となっています。

現在Photoshopやスマートフォンの画像編集により、撮った写真を綺麗にする事ができるようになり、レンズフィルターは不要と思われるかもしれません。しかし、後加工ではどうしても表現できない写真があるのも事実で、レンズフィルターで撮った写真を画像編集するというのも、素敵な写真を撮る手段の一つです。レンズフィルターをつかって臨場感のある写真、或いは肉眼では捉えられないような幻想的な写真を撮ってみませんか?

プロテクトフィルター

プロテクトフィルターは大切なカメラレンズを保護する事だけを考えたフィルターで、写真へ影響を及ぼしません。

このフィルターに求められるのは強度と、光の透過率・屈曲率です。​装着前後で撮影される写真に影響が出ない事が求められます。

 

UVフィルター

UVフィルターは紫外線をカットするためのフィルターです。肉眼では無色透明な紫外線でもカメラは敏感に反応し、青や赤みを帯びた写真になってしまうことがあります。

​最近はカメラレンズそのものにUVカットの機能が備わってきており、不要になる事も増えてきました。

 

​C-PLフィルター

C-PLフィルターは偏光フィルターとも呼ばれるフィルターです。おそらくカメラマンが一番良く使うレンズではないでしょうか。

 

このフィルターは、水面やガラスの反射による写り込みを除去することができます。これにより透き通った海や湖、ショウウインドウ越しの被写体を鮮明に捉える事ができます。これはフィルター無しでは得られない効果です。

また、被写体や空気中水蒸気の反射を抑えコントラストを強調し鮮やかな写真を取ることができます。画像編集の彩度やコントラスト調整に似ていますが、もともとギラついている写真を後加工してもなかなか綺麗に仕上がらないものです。

PLとC-PLの違いについては、C-PLがデジタル一眼やミラーレスにも対応したものになり、現在の主流となっています。

 

NDフィルター

NDフィルターは減光フィルターとも呼ばれるフィルターです。

このフィルターはシャッター速度を下げて、川を糸の集まりのように撮影したり、雲の軌跡を残したり、風景から人を消したりする時に使用します。

 

製品名にはND8やND16のように番号がふられています。ND8の場合は光量が1/8に抑えられるという意味です。

日中にシャッター速度を下げて撮影すると、白飛びをして真っ白な写真が撮れてしまうと思います。このフィルターを使うと絞り値(F)はそのままにシャッター速度を下げて撮影することができます。

幻想的な風景写真を取りたい方にオススメのフィルターです。

 

クロスフィルター

クロスフィルターは発光点に光条をつけることができるフィルターです。

​光線の数やサイズ・形・大きさなどで様々なバリエーションがあります。

​夜景やイルミネーションが華やかに、幻想的に撮影できます。

 

taste テイストの製品販売はクラウドサポートシステムまで 

​日本長野県北安曇郡松川村5411-1​​

お問い合わせ 株式会社クラウドサポートシステムまで

0261-25-0054

  • instaguram Basic Square
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2018 by taste Carpentry..

Powered by  cloudsupportsystem Carpentry.